失敗しないおせち選びの決め手

お正月にはおせち料理がかかせないですね

 

日本の伝統的な行事のお正月にはおせち料理はかかせません。
私は毎年いただいています。

 

それぞれおせち料理の具には願いの意味が込められています。
黒豆は豆に働けますように、エビは腰が曲がるほどの年齢まで長生きできますように、数の子は子だくさんに恵まれますように、レンコンは先の見通しが良くなるように、などがあります。

 

一つ一つ願いの意味をかみしめながらおせち料理をいただくと、より味わい深く感じられるのではないでしょうか。

 

昔の人は全て手作りで作っていたものです。
今でも全て手作りされる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、初めての方や、忙しくて時間が無い方などは全て手作りは難しいかもしれません。

 

手作りと市販のものを併せる、市販のおせち料理をいただく、などご家庭の事情にあわせて用意されるといいでしょう。

 

一昔前に比べると、周りの人を見ても、おせち離れが進んでいるように思われます。
もう一度、日本の伝統料理を見直してみてはいかがでしょうか。